【ラブホテルに聞いた】『男性同士の利用は不可』はなぜ?【経験談】


このラブホテル、いい感じだけど、男性同士の利用OKかな?断られたらどうしよう…!

 

みなさんはラブホテルを使う時、こんな不安をいだいたことはありませんか?

 

僕はバイセクシャルで、男性とお付き合いしているんですが、実は前言ったホテル(ラブの方ね)で男性同士の宿泊は不可!って言われたことがありました。

実は、今でもラブホテルの「男性同士の利用は不可!」ってところが結構あって、僕も結構衝撃ではあったんです。

 

ネットで調べてみても、こんな騒動があったり・・・

参考 : 男性同士でラブホ、断られ 「あ、差別されたんだ」

 

そこで、ラブホテルの男性同士利用と僕の経験談を合わせてご紹介します!

 

「ラブホテル、男性同士の利用不可!」ってなんで?

先程の記事、男性同士でラブホ、断られ 「あ、差別されたんだ」で紹介されていたように、男性同士でラブホテルを利用しようとしたら断られたというのはよく聞きます。

まぁこの記事では、男性同士のカップルの利用を認めないのは違法だとして行政指導が入ったらしいです。

「女性同士の利用(例えば女子会プラン)は許されるのに、男性同士は許されないなんて差別だ!」

という声も取り沙汰される一方、

「ホテル側にも客を選ぶ権利はあるだろ!」

という声もちらほら。

どちらの言い分もわかりますが、実際にホテル側は何が理由で男性同士の利用を拒みがちなのでしょうか?

 

【ラブホテルに聞いた】男性同士の利用不可の理由

ネット上には様々な理由が噂されていますが、その噂がこちら。

・男2人の犯罪など事件が起こる可能性があるから

・男性同士の利用がOKになると、一般の客が来なくなるから

・風呂場を汚すから

実際に僕がよく利用するラブホテルの従業員に聞いたところ、

『以前、男性同士の利用で家具やテレビを壊されたことがあったから』

とのこと。ラブホテル側にも、その意見が真っ当かどうかは置いといて、いろんな意見があるようです。

 

【経験談】ラブホテルを男性同士で利用したときの対応

僕がよく使うラブホテルは男性同士の利用がOKなんです。

でも、最初に行った時はそうではありませんでした。このラブホテルはフロント無人で精算も室内で行うタイプなんですが、初めて行った時、部屋に入った際に従業員の方に呼び止めらたのです。

 

・・・

 

「今日の利用は男性2人ですか?」

「はい、そうです。」

「後程女性のお客様はいらっしゃいますか?」

「…はい…来ます!」(断られるの怖くて嘘ついた)

「申し訳ありませんが、男性2名女性1名の利用はお断りさせていただいてます」

「そうなんですね…実は男性2人なんですが……利用出来ないですかね…?断れるのが嫌で嘘ついちゃいました…すみません…」(早速、正直に話す)

「でしたら、大丈夫です!男性同士の利用も可能ですので、どうぞごゆっくり!」

「ありがとうございます。ちなみに男性同士だと声をかけるんですか?」

「一応、声をかけさせて頂きます。以前、男性同士でご利用なさった方が帰ったあとに家具とかテレビが壊されているのを発見しまして…でもお客様は問題ありませんので、ご利用ください。」

 

・?

・・?

・・・!?

 

なぜ僕達が許可されたのかはわかりません…!

そんなに優しそうな、家具とかテレビとか怖さなさそうな顔してたんですかね?

でも、とりあえず許可されたのであれば、使ってやろうと思い、ゆっくり満喫しました。

次回来ても「前回利用OKでしたよ!」ってドヤ顔で言うために、メンバーズカードまで作ってやりました。

今までに数回行っていますが、声もかけられていませんし、スムーズに利用できています。

 

男性同士で利用しやすい、ラブホテルの特徴

これから男性同士でラブホテルを利用する方、男性同士で初めて行くのはなかなか勇気がいることですよね。

そこで、こんなラブホテルは男性同士で利用しやすいというポイントをまとめました。

男性同士の利用OKと書いてある/電話で確認できる

男性同士の利用がOKとホームページに記載があるラブホテルは、大前提として男性同士の利用がしやすいですよね。

あとは書いていなくても電話で確認すると、スムーズです。相手はあなたが誰なのかなんて分かっていません。男性同士OKかどうか聞くだけです。1分あれば終わります。

無人フロントがやっぱり安心

男性同士でラブホテルで行く場合、やっぱり人には会いたくないですよね。

無人フロントの場合、人に会う心配はありません。ラブホテルの入り口に入ると、タッチパネルが置いてあったりして、部屋まで誰とも話さずに入室できるところも多いです。

何か問題があるときは、従業員に繋がる電話が設置されているので、安心です。

しかし、推測ですが、無人フロントの場合、カメラが設置されているでしょう。セキュリティー上、ほぼ100%設置されていると思います。僕がよく行くホテルにも、カメラが設置してあります。だから、僕達が入室するときに、声をかけられたのでしょう。

ただ、カメラがあったとしても、無人フロントの方が男性同士、ラブホテルに入りやすいですよね。

客が移動する通路が1本が男性同士には嬉しい

ラブホテルに入って部屋に向かう時、他のカップルと会いたくないってことありませんか?

僕はどちらかと会いたくないので、客が入店して、入室するまでの通路(廊下)が1本であるラブホテルは安心できます。なぜなら、他の客がいるかどうか、すぐにわかるからです。もし他の客がいたら、一旦立ち止まることができます。

けれども、ジグザグの廊下なら、角を曲がると出会い頭に男女のカップルに遭遇…なんてこともありえます。

廊下が1本道というのは、男性同士で利用するカップルにとっては嬉しいですね!

室内で精算できると更にうれしい

できれば人に会いたくない。そんな男性同士のカップルにとって、室内で精算できると安心します。

正直、朝9時や10時の時間帯から「だれかと会ったらどうしよう」って緊張したくないんですよね。

 

男性同士の利用OK+男性同士仕様なら行きつけになります

これからの時代、むしろ男性同士の利用をOKにして、さらにラブホテルを男性仕様にしていけば、お客さんもっと多くなると思うんですが、どうでしょう。

どこのラブホテルも女性目線のところが多くて、用意されているシャンプーやボディソープ、化粧水なんかもほとんど女性用ばっかりですよね。

男性視点でちょっとした工夫があれば、もっと利用客も増えると思うんです。もし、男性同士の利用のマナーが悪いというのが本当であれば、マナーの改善は必要です。

でも、今の時代、ラブホテル=男女のものという考え方が通用しなくなってきてると思うんです。確実に。

もっと男性視点のラブホテルがあれば、早速行きたいと思います!

 

好きな人と非日常を味わっているんだ!!

最後に根本的なことを言うのかと思われるかもしれませんが、僕はラブホテルに行く時「男」と行っていると強く認識することはなくなりました。

最初はもちろん男性同士で緊張する…!と思ってましたよ。

でも、今は「男性同士」よりも「好きな人同士」で行ってます。

ラブホテルとは本来、愛し合った2人が心と身体を通わせるところじゃないんですか?それこそ非日常を味わうために行くところじゃないんですかね?

なんで男と女の好きな人同士は許されて、男と女の好きな人同士は許されないんだろう…どっちも好きって言う感情を伴った2人の人間なはずなのに!

男と女の好き同士は非日常を味わえて、男と男の好き同士は非日常を味わえないなんて…

そんな世の中は嫌だ・・・!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

オランダが同性婚を合法化した経緯や歴史とは?【オランダ✕同性婚】

NO IMAGE

【実体験】同性が同棲?ゲイカップルの同棲ってどうなの?

NO IMAGE

【フェイスブックの性別一覧】フェイスブックでは50種以上の性別を選べる

NO IMAGE

【超簡単に解説】東京都が同性カップルの里親制度を認可とは?背景は?

NO IMAGE

SOGIとLGBTの違いは性を捉える『幅』にあり

NO IMAGE

世界最大のLGBT団体COC Netherlandsの活動とは?